部屋の鍵が突然折れてしまったときに私がしたこと

「部屋の鍵が突然折れる」こんなことを経験された方は、もしかしたら少ないかもしれません。鍵は金属製の材料でできていることから、それなりに頑丈ですし、製品として完成される際に折れないような耐久性をチェックした上で作られているからです。ですが、世の中には絶対という言葉はありませんし、金属製で注意深く作られている鍵でも条件さえ揃えば比較的簡単に折れてしまうものだと後になって知りました。私の部屋の鍵も、幾つかの悪条件が揃ったのでしょう。突然折れてしまって、とても慌ててしまうという事態になってしまいました。しかし、そんな時にでも人間は知恵が働くものなんですね。その時とっさに私は色々な行動を本能的に取りました。

ではどのような行動を起こしたのかというと、まず鍵を取り出すために色々な方法を試してみました。その一つとしては少し汚い話にはなりますが、ガムを噛んでその噛んだガムを粘着剤の代わりとして鍵に付着させ、それを引き抜くという方法です。この方法は自分としては画期的なものだと思ったものの、鍵穴にはまった鍵は簡単に動くはずもなく、取り出すことは不可能でした。

その次に取った方法は、鍵の折れた先端が少しだけ飛び出ていたことから、そこをラジオペンチで挟み、鍵穴から抜くという方法です。この方法もいいところまでいっていたのですが、結果としては抜けず。もうだめだと考え、最終的に鍵屋さんを呼ぶことになりました。

鍵屋さんが到着すると、さすが専門家。そそくさとその折れてしまった鍵を取り出して、元の鍵穴の状態にまで戻してくれました。部屋の鍵が突然折れるという急なトラブルに巻き込まれて、その対応策を色々と練った自分自身についても自画自賛したいところですが、鍵を抜くという結果が伴わなかった点ではマイナスでしょう。それに、やはり最終的に業者さんを呼ぶなら、最初から鍵屋さんを呼んでおけば良かったという感想も持ちました。