空き巣にカギを壊されカギの修理費を払った私の泣きっ面に蜂体験

akisu_kagi 以前、空き巣に家のカギを壊されたことがありました。もちろん、それだけで終わらず家の中に土足のまま入ったらしく、畳や家中が泥だらけになっていました。おまけに、現金やカミさんの貴金属類、それにカギも取り替えないといけなくなったためにカギの修理費を支払うなど、まさに泣きっ面に鉢体験をしたことがあります。こんな時に盗難保険でも入っていればよかったのですが、銀行や宝石店でもないので当然そんな保険に入っているハズもありません。ところで空き巣というのは、カギを壊して家の中に侵入するものなのでしょうかね?そんなことをするよりも、窓ガラスを叩き割って侵入した方が簡単なようにも思えます。従って、玄関のカギを壊して侵入するという手口は、賃貸住宅に多い被害のようですね。ネットを見ていると、空き巣にカギを壊されて進入されたという被害を受けた場合、カギを二重に取り付けると同じような被害に遭いにくいのでいいらしいですね。空き巣にしてみれば、二箇所もカギが取り付けてあることを知った時点で、あきらめて他の家に移動するらしいですね。そういう意味では、二重錠の効き目というのはかなり大きいようですね。カギを壊される前に、空き巣に犯行をあきらめさせるということもできるのですからね。カギのセキュリティーレベルを上げるということは、ピッキングなどの不正解錠しにくい錠前にするだけかと思っていましたが、昔のカギの隣に最新式の錠前を取り付けるということでも、十分空き巣対策にはなるのかもしれませんね。